×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






オリジナルもの6

オリジナルもの6



オリジナルものです。
これより適当だったレイヤーの使い方に一つの方針が決まりました。
通常の絵で陰影を付ける場合、メインで陰影なしの絵を作り、別に陰影だけのレイヤーを作り合成するというものです。
あきまん氏のHPで森気楼氏の絵の作り方が紹介されてるのを見てこのやり方は効果的だと思いました。
基本的に陰影は同じ色で統一できるので、かなり効率的で絵にかける時間を短縮できます。
この考え方は他にも応用が色々できて、たとえば一度出来てしまった作品を背景色と色調を同じようにしたいときにも使えます。
乗算レイヤーが必要ですが、基本的に全体を単純に同じ色で塗ってしまえば良いのですから。

上の絵はそれを意識したものになってます。影はグレーに少し暖色を入れてます。
陰影の綺麗な絵はそれだけで良い絵に見えるので、今後の課題として色々試していきたいです。